剣客商売づくし

「剣客商売」の文庫、5巻まで読みました。弥七が好きだなぁ。
DVDの第一シリーズも買ってしまいました。
途中からキャストが変わっているようですが、1,2シリーズで大治郎役をしている、渡部篤郎さんが好きなので。えへへ。

今のところの感想ですが、おもしろいのはやはり小説かと。
でも時代劇初心者には、読んでいて場面がパッと浮かばないことも多々ありますので、映像として見られるドラマがありがたいです。
ドラマを見ていると、人のしぐさから背景、小道具などなど、たくさんの人が関わって、ひとつの世界を作るというのはすごいことだと、あらためて思いました。
いいなあ!
[PR]
by shiho_hoshina | 2006-03-11 15:21 | 本・映像
<< 舞台版「笑の大学」がDVDにな... 剣客商売にはまる >>